QQEnglish のセブ島留学に行きました

Last updated 2 months ago

勢いで書き殴っただけなので、あとでページのアドレスが変わるかも知れません

はじめに

2018/9/30~2018/10/13 QQEnglish の ITパーク校に語学留学してきました。たった2週間という期間でしたが、かなり上達を体感できたのでおすすめしたいなとおもって書いています。

英語の語学留学をしようと思ったきっかけ

私は英文科出身ではあるのですが言語学を専攻としていたため英語ができず、ちょっとしたコンプレックスでした。それ以外にも仕事・創作・コミュニケーション・旅行などなどで便利なので、英語はできるようになりたいという気持ちはありました。ただ、オンライン英会話は最初の1回か2回しか続かず、単語の勉強も iKnow や Mikan でやってみましたが、同じくほとんど続かず、正直英語の学習に行き詰まっていました。

こんな状況でこのまま英語一生聞けない・話せないままなのかな……と思っていたのですが、たまたま3つのことが重なって語学留学に行くことになりました。

1. Sofia the First にはまった

最初に、ディズニーの子ども向けアニメーション Sofia the First (日本語:ちいさなプリンセスソフィア)にはまりました。もともとソフィアのことは知っていたのですが、見たことはなくて、たまたま Spotify で Disney の音楽を聴いているときに、すごく良い曲が流れてきて、それがソフィアのサントラでした。

Spotify でソフィアのサントラを検索すると分かるのですが英語版と日本語版があります。私は聞き比べて英語版が好きだったので歌詞を調べてみてびっくりしました。あまりにオリジナルの英語版と日本語版で含む意味の量や質が違ったんです。日本語に翻訳すると音数の都合でどうしてもそうなってしまうのは分かってはいたのですが、想像していた以上に違い、場合によってはメロディもオリジナルと変わってしまっていました。また、英語版では歌詞の韻がちゃんと踏まれていて、すごく考えられて作られていてさすがディズニーだと感動しました。

このことに気づいたとき、もともとディズニーのアニメ作品は好きだったものの、今までずっと日本語吹き替えで見ていたので、音楽に関してはいままで相当惜しいことをしていたんじゃないかと後悔したんです。

そこから、ソフィアの DVD を買って、英語の音声と英語の字幕でソフィアを見て、できれば英語をちゃんと勉強して、字幕なしで直接楽しめるようになりたいなと思うようになりました。

2. TGS 前のハードワークで長期の休暇を取りたくなった

たまたま仕事が東京ゲームショウ前の忙しい時期で、東京ゲームショウが終わった時点で長めのお休みを取ろうと思っていました。せっかくの長期のお休みなので、実家に帰るか、旅行出かけるか、何かをしたいなと思っていました。

3. QQEnglish CEO のらいこうさんの話を読んでセブ留学のことを知った

ホリエモンの英語の多動力という本があるのですが、そこに今回留学した QQEnglish CEO の藤岡頼光(らいこう)さんの話が載っていて、たまたまそれを読みました。らいこうさんは、もともと全く英語と関係ない仕事をしていたのですが、フィリピンで英語を学んで世界が開け、その体験をもとに QQEnglish を作ったそうで、そのあたりの話が載っていました。

もちろん、らいこうさんの言葉に動かされたというのもあるのですが、実はそもそもセブ留学というものを知らなくて、これならかなり安くリゾートでのんびり休みながら英語まで勉強できるんじゃないかと思いました。一石二鳥っていうやつですね!

申し込みは勢いで

英語の多動力のらいこうさんの話を読んだのが 9月16日(日)だったのですが、QQ English は2週間前までには申し込みが必要ということだったので、その日のうちに QQ English の公式ページから申し込みました。

ちなみに、この時点ではパスポートもなく(2週間前なのに!)、そもそも社会人になってから海外に行ったこともなく、自分で海外の航空券を取ったこともなく、一人で海外に行ったこともなく、TGS が23日まであったので、準備する時間も十分にありませんでした……。完全に勢いだけで申し込みました。

今考えるとそれが逆に良かったんだと思います。行かない理由は無限に考えることができます。フィリピンは治安が悪いんじゃ……。フィリピンの英語は訛っているんじゃ……。2週間だけじゃ意味ないんじゃ……。考え始めると絶対行けないと思います。

絶対悩んだら行った方が良いと思います!

実感した成長と伸びやすい分野

2週間という短期間でも私はかなり成長を実感することができました。

  • LoL の実況が前は全く聞き取れなかったのに、6割か7割くらい聞き取れるようになった

    • 日本に帰ってから Worlds という大会を見て自分でびっくりしました

  • Sofia the First で今まで聞き取れなかった歌詞が聞き取れるようになった

  • 卒業式でいきなり英語でスピーチを振られたけどなんとか話せた

    • 何人か当てられていきなり話さないといけなかった!

  • 一人で海外に行けるという自信がついた

  • 英語で他の国の人と話せた

  • 他の国のお友達ができた

  • 英語・英会話が怖くなくなった

個人的には成果にとても満足していて、英語学習の行き詰まりを打開できましたし、ソフィアも字幕なしで前より聞き取れるようになりました!特に、リスニングとスピーキングのスキルはかなり伸びたと思います。

なにより英語で話すことに対する恐怖心がかなり無くなりました!

リーディングとライティングは伸ばしにくいかも

おそらくですが、日本人が短期の語学留学でリーディングとライティングのスキルを伸ばすことは、授業だけに頼ると難しいかも知れません。なぜかというと、まず日本の人はリーディングのスキルがリスニングのスキルより高い傾向があると思います。そして、授業は英語で行われるため、先生の英語の説明で文法や言葉の意味を理解できないと、リーディング・ライティングのスキルをあげることは難しいです。そうすると、どうしてもリスニングのスキルが足を引っ張って、リーディング・ライティングの上達は感じにくいと思います。

授業の中身

授業の時間は1コマ50分です。日本の学校では週ごとの時間割がありましたが、QQEnglish では毎日同じ時間割です。なので、1週間授業を受けるだけでも何倍も時間が経ったように感じます。同じ先生と毎日レッスンを受けることでお互いのことも分かりますし、レッスンの方向性も調整できます。

カリキュラム

1日6コマのライトか8コマのスタンダードになると思います。8コマは正直かなりハードなものの、カランメソッドのクラスやグループレッスンがあるため、8コマのほうがおすすめです。中身はおそらくレベルチェックテストの結果も考慮して、学校側で決めてくれます。先に希望を伝えておくと考慮してもらえるかもしれませんがわかりません。ちなみに、授業の内容は希望する内容に変えてくれます。

なお、授業は8時開始のグループと9時開始のグループに自動で振り分けられます。8時のグループだと終わった後出かけやすいのでおすすめです。朝弱い人は9時スタートのほうが良いかもしれません。

私のカリキュラムは以下のような感じでした。

  • 朝ご飯 (7:45-8:00)

    • 学校の QQCafe の小さなビュッフェでごはんです。

  • カランメソッド (8:00~8:50)

    • カランメソッドというイギリス生まれの学習法のクラスです。

  • ニュース (9:00~9:50)

    • ニュースを取り上げリーディングとディスカッションを行います。

  • 発音 (10:00~10:50)

    • 発音記号ひとつひとつ順番に、単語・フレーズ・文で練習して発音を改善していきます。

  • トピックディスカッション (11:00~11:50)

    • トピックを決めてその内容についての語彙を勉強し、質問に答えてディスカッションを行います。

  • お昼ご飯 (11:50-12:00)

    • 学校の QQCafe の小さなビュッフェでごはんです。

  • 日常の英語 (12:00-12:50)

    • 日常で使える表現を少しずつ勉強してましたが、ほぼほぼそのトピックに沿ったフリートークをしていました。

  • いつもフリートークしてるので忘れた (13:00-13:50)

    • 私が希望していつもフィリピンのことや人生相談に乗ってもらっていました。

  • グループディスカッション(グループレッスン) (14:00-14:50)

    • 毎日質問の書かれた紙をもらって、それに対しての考えを発表して、みんなで意見を言い合ったりしました。って書くと固そうですが、なごやかに雑談してるような雰囲気でした。

  • 語彙(グループレッスン) (15:00-15:50)

    • 2日くらいごとに5つの新しい単語を学び、みんなでそれを使った文を作ったり、語彙を確認できるゲームをしたり、そういう感じでした。

教材や先生の変更

水曜日か木曜日の決まった時間に申請する必要がありますが、次の週から先生を変更できます。教材は先生が対応できるものであれば先生に直接言えば変えてもらえると思います。

先生の質

フィリピンの人はポジティブな人が多いと先生たちがよく言いますが、実際ポジティブで優しい先生が多かったです。ただ、他の人に聞くと厳しい先生や微妙な先生もいるらしいので、もしかすると運がよかっただけかもしれません……。微妙だなとおもったら変えてしまって良いと思います。

英語に関しては、フィリピンの先生は私たちと同じで英語を母語としているわけではありません。ただ、公用語として至るところで英語が使われ、幼稚園・小学校から英語で授業を受け、学校では英語だけ使うように教育をされると先生から聞きました。そのため、確実に生きた英語を学ぶことはできます。一方で文法知識が曖昧だったり、先生も分からない微妙な表現というのも出てきます。そこは理解しておいた方が良いと思います!

発音はかなり先生によりますが、アメリカ英語と比べてしまうと訛っているとは思います。が、世界にたくさんある英語の一つですから、あまり気にしなくて良いと思います。たくさん聞けてたくさん話せることのほうがとても価値があります。QQ だともう伸びないなと思ったときに、イギリス英語やアメリカ英語のネイティブの先生のいる学校に行けば良いと思います!

ついていける?

マンツーマンが基本になるので大丈夫だと思いますが、先生は日本語が全く話せないので、多少は英語が聞けないと困るかもしれません。日本人スタッフの方はいますが、授業について教えてくれるわけではありません。

話せるようになるか

他の生徒の人の話を聞くと、1ヶ月あると普通に話せてる人が多いように思いました。自分でたくさん話す場所を作っていくと2週間でもそこそこ話せるようになるとおもいます。逆に1週間だとリスニングは伸びると思いますが、スピーキングは思ったほどは伸びないかもしれません。それでも、英語で話すことの恐怖心はかなり薄れると思います。

あとは、授業だけじゃ無くて、お昼の時間や放課後に話している人の方が当たり前ですが伸びています。QQEnglish は日本人が作った学校なこともあって、日本人が多いので日本語だけを話す環境は簡単に作れてしまいます。先生が言うには英語を使うためにあえて日本人を避けている日本人の生徒もいるということでした。

私も基本的にお昼はロシア人の友達や台湾の友達と話して過ごしていました。お互いの文化のことを何も知らないところからはじまるので、話せることがたくさんあってとても楽しいですよ!

英語で話すのが怖くなくなれば、あとはオンライン英会話という手もあります!

友達の作り方

じゃあ友達が簡単に作れるかというと、割となんとかなると思います!まず、最初のオリエンテーションの日に同じ日に入学した人が20人くらいのグループで同じ授業を受けます。そこで隣になった人や目立つ日本人以外の人を覚えておいてお昼とかのときに声を掛けるだけです!

あとは、グループレッスンで一緒になった人に思い切って声を掛けてみましょう!

向こうも英語の練習相手を探しているので喜んで話に乗ってくれると思います。逆に乗ってこない人は勉強する気ないんだなとおもって放っておきましょう!

食べ物

QQCafe の食べ物はおいしいんですが、ただ正直飽きてしまうので、放課後にリフレッシュも兼ねて他の場所に行くのがおすすめです。木曜日から日曜日までは Sugbo Mercado というナイトフードマーケットも学校の近くでやっているので、行くとおいしいし楽しいと思います。

学校(ITパーク校)の周りには、マクドナルド、クリスピークリーム、スターバックスなど日本にもあるお店や、お寿司、ハワイ料理、ベトナム料理、ラーメンなどなどいろんなお店があるので、食べ物には困らないと思います。

Ayala や SM city といったショッピングモールもあり、そこにいくと、ローカルフードのお店や洋食のお店はもちろん、ペッパーランチやワタミ、しゃぶしゃぶのお店などもあるので、学校の食べ物に飽きたら出かけましょう!

トイレ・水

トイレは紙が流せないのと、そもそも紙が無いところが多いのと、たまに便座までないので、かなり大変です……。空港のトイレも紙は流せません。

水道の水はもちろん飲めませんし、サービスで出されるお水もちょっと危ないのでやめた方がいいです。水はお店でもペットボトルのお水や別の飲み物を頼んだ方が良いと思います。

私はゼレニティホテルというところに泊まっていましたが、お湯は安定はしないけど出ました。

ネット

飛行機の中で Globe の SIM 引き換えクーポンがもらえますし、学校でも SIM を無料でもらえます。それに差し替えて、300ペソのプリペイドカードを買うのが基本になると思います。GOSURF299 っていうプロモで登録すると、1.5GB を1ヶ月使えて、さらに Twitter など好きな SNS やゲームを選んで、それの通信量をさらに +1GB できるというプランです。詳しくは Globe SIM のページで!

ドミトリーのネットは普通に使えていたらしいですが、ゼレニティホテルのネットはかなり不安定でした。外はほとんどの場所は LTE で通信を行えていて、Twitter をしたりするのには何の問題もなかったです。

航空会社

LCC を使っている人が多かったです。バニラエアやセブパシフィックが良いんじゃないでしょうか!LCC じゃない方が良い場合はフィリピン航空だと直行便が出ていて便利です。時期にもよるみたいですが、私はフィリピン航空往復で6万円でした。次回があればセブパシフィックにするつもりです!

行って良かった?

超よかったです!朝から晩まで英語を聞いて話してという環境がこんなに成長させてくれると思いませんでしたし、セブは観光地としても有名なのでいろんなごはんや観光地があって放課後も遊びに行くところがたくさんあって、旅行としても楽しかったです!友達もできたし!

初日は実は本当になにも分からなくて、セブンイレブンに入ったものの怖くて何も買えなかったくらいだったんですよね……。そこからすると、一人でタクシー乗ってショッピングモールに行って、ご飯食べて、友達とお互いの文化について話して、卒業式で即席でスピーチして、最後に空港でぎっくり腰になって症状を説明して助けてもらったり、信じられないくらい成長したと思います。

ITパーク校とシーフロント校学校はどっちが良いの?

私はITパーク校でしたが、先生が言うにはシーフロント校は完全なリゾート地で周りになにもないので、勉強に集中したい人が行くのがいいよということでした。

一方でITパークの周りは、いろんなお店やショッピングモールもたくさんあるので、基本的にはITパーク校のほうがおすすめです!食べ物に飽きてしまったり、現地のいろんなものをみたいってなったときに、シーフロント校はセブシティから遠すぎて大変です!